ラジオ・リバイバル

この記事は約3分で読めます。
Gerhard G.によるPixabayからの画像

こんにちは,kashiwaです。
最近Amazon Echoshow5 を買って色々やっていたのですがradikoというアプリでネット経由でラジオを聞けることに気づき,久々に聞いてみたらやっぱラジオはいいなと思ったという話です。なお,自分語りしかありません笑

中学生の頃はよく聞いてた

ラジオという存在は物心つく頃から記憶にはありますが,我が家では家でラジオを聞く人間はおらず,もっぱら車に乗るときだけ聞くものでした。
幼稚園・小学校くらいはラジオの面白さは特に何も感じず,なんか流れてるなくらいの印象しかなかった記憶があります。

私がラジオを聞き始める切っ掛けは中学生の時にラジカセ(最近全然見かけませんね笑)をクリスマスプレゼントにもらったことだったと思っています。ただこのへんは記憶が曖昧で,他にきっかけがあってラジオ目的でラジカセをねだったような気もします。
ともかくラジオコンポをもらったことによってひたすらにラジオを聞くようになりました。中学生思春期特有のものもあったとおもいますがテレビを見るという当たり前ではないことをかっこいいと思っていたし笑,なによりテレビのような騒がしさのない,映像と効果音だけで盛り上げるのではなく「言葉」だけで続かせるという部分に大きく惹かれました。しかもそれを平日のレギュラー番組であれば3~4時間を週5日間を一人でしかも生放送というのは半端じゃないなと思います。

今現在もそうですが首都圏のFMは意外と平日夜の番組は中学生~高校生・大学生向けの番組を結構やっていて,ご多分に漏れず私も毎日聞いていました。
その頃にはクラスメイトにもラジオ仲間ができていて,学校でもラジオの話をしていました。
そのクラスメイトは私がきっかけでラジオを聞くようになったのですが,はじめのうちはジジくさいだなんだと言っていたわけですが私以上にドハマリして,毎日のようにメールを送り,次の日に「今回は読まれた」とか「ステッカーをもらった」だのと色々と報告してくるくらいになりました。
私は特にメールだとかそういったものはやらなかったのですが,毎日の放送はほぼ聞いていてもラジオネームはだいたい週イチで絶対に聞くなっていう人が多かったので,中学生くらいのリスナーはあまりいなかったようです。リスナーへのプレゼントのもらい率もクラスメイトは高かった気がします。


そんなこんなで中学までは聞いていたのですが,ちょうどその頃はMDからMP3プレイヤーへの過渡期であり,またそのクラスメイトとも別の高校に進みそこで音源をデータ(MP3)でもらうといった経験からだんだんとラジオは聞かなくなっていきました。


時を経て今,回帰する

高校を卒業して4輪を運転するようになりましたがラジオは特に聞かず,2輪ではそもそもラジオなんて聞けず(今はインカムつけているので聞けますが),随分とときが経ち,冒頭に戻ります。
パソコンを立ち上げずにAmazon Musicを聞くためとスマートスピーカーほしいなあ程度の雑な理由で,安くなったタイミングを見計らってAmazon EchoShow5を買いました。Amazonブランドの商品はタイムセールで買わんとまじで損だと思う……。


中学のときのようにラジオに集中してひたすら聞いたり,誰かラジオを聞く人がいてその話の種になるわけではないですが,なんやかんや一人でいるときとかにただ単に音楽だけじゃあなくちょっとした人の話があると逆に作業が進んだりするので今では楽しむコンテンツというよりかは作業を効率化させるツール的になっています。
テレビとかPC,スマホと違って耳だけしか専有されないので作業を邪魔しないですしね。

あとは自分の聞かない音楽をきくことになるというのも大きいと思います。
最新のヒットソングも当然流れますし,聞かないジャンルの音楽,懐かしい曲も流れるので自分の好みに合う曲に出会えるというのはなかなかない経験だと思います。


そんなわけで最近ラジオに回帰しつつあるという話でした笑
ラジオがなくてもスマホでもPCでも聞けるようになっていますから,ただ単に音楽を流すのに飽きた人はラジオを聞いてみるといいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました