CBR1100XX整備記録その1 | 前後ブレーキパッド交換・チェーン交換

この記事は約5分で読めます。

2020/4/29

カウルバラ&ドライブスプロケットカバー外し。
左右ロワーカウルとインナーハーフカウルは特に苦もなく外せた。表面はビス類でインナーハーフカウル,アッパーカウルの内側がピン留めされている。
フロントフェンダーは4本のビスでついているだけなので外して車輪の前方向に引き抜けば外れる。ちょっと気をつけて外さないとカウルに傷が入るかも。

ドライブスプロケットカバーは事前にいい感じの木の板を2枚とタイラップを用意する。
クラッチレリーズシリンダーの3本のビスを先に外してクラッチを握り込むとシリンダーが押し出されて外れるので木の板で挟み込んで手で戻す。そしてタイラップで固定する。放置したり更にクラッチを握るとシリンダーが抜けるので早めにやる。
残り二本を外すとスプロケットカバーとドライブチェーンガイド(細長いやつ)が外れる。

中はかなり汚い。チェーンルブと砂が混じっていてドロドロ。スプロケットカバー内にはなぞの樹脂パーツが破断した破片が入っていたが何者かなぞ。チェーンスライダーかと思ったがチェーンスライダーは問題なさげ。チェーンスライダーを前回変えたときに除去していないのか?それともチェーンスライダーではない何者か?再度確認が必要かもしれない。
ドライブスプロケットは特に問題なさそう。一応新しく買ったがしばらく放置。

ある程度掃除をしてこの日は終わり。

2020/4/30

フロント・リアブレーキパッド交換&清掃

ブレーキは共通だが,パッドピンを先に緩めておく。マイナスの隠しネジでパッドピンが隠されているのでそれを外してパッドピンを緩める。リアブレーキはマフラー邪魔で無理かも。パッドピンは緩めるの忘れて外してから緩めたのでw

右フロントは普通に2本ビスを外せば取れる。左はキャリパーサポート的なやつ1本とD-CBSのセカンダリマスタ?のビス2本で外れる。
パッドは純正パッドが入っていた。外して清掃して赤パッドに換装。パッドにステン製のカバーみたいなやつがついているのでそれを忘れずにつける。このカバーは単品としてパーツリストには記載されていないよう。
台所用洗剤で清掃したあとに水で洗い流して,ブレクリーンで更に清掃。揉み出しとシリンダーへの注油はしなかった。ケミカルがないので……。
古いパッドを仮組みしてドライバーのテコの原理を利用してピストンを戻す。
左は完全に戻したが右は若干中途半端に戻してしまったのでもしかしたらしばらく引きずるかも。
鳴き止に呉のシリコーングリースメイトを塗っておきパッドピンにモリブデンを塗って入れる。すべてのネジ山にスレッドコンパウドを塗った。

リアはリアの車軸を抜かないといけない。
チェーン交換も同時にするので今回はこの時点でチェーンカット。
DIDのかし丸くんを使って切る。このときミスって更にカシメてしまった。これがこの後に尾を引くことになるとは……。
チェーンカットしない場合はチェーンに砂がつかないようにチェーンの下になんかしら敷いたほうが良いかと。

事前にダンボールを用意してタイヤを寝かせる場所を作る。
リアタイヤの下に自分の足を入れて車軸を抜く。タイヤを抜く前にリアブレーキをうまいこと外してタイヤをダンボールの上に寝かせる。
リアブレーキもやることは同じ。ただリア側のみパッドにフロントと同じステンのカバーと樹脂製の白いスペーサーみたいなものが入っている。
リアはデイトナのシンタードパッドを入れた。

スイングアームとかリアフェンダーの中を軽く清掃してもとに戻していく。
車軸とホイールの車軸が通る両端についているカーラーにリチウムグリスを塗る。最初はモリブデンを塗って組んだんだけど,モリブデンは回転部に使用するのはNGらしいっすね……。モリブデンに含まれる金属粉で摩耗してしまうらしい。翌日に組み直したw
車軸を戻すのが一番大変。出来るなら二人か三人でやったほうがいい。
どの手順が一番ラクなのかわからないが,リアブレーキを先に右スイングアームの内側の四角いブロックにリアブレーキをはめてすぐさまタイヤを入れる。
タイヤを膝の上に載せてリアブレーキをディスクの中に入れて軸位置調整して車軸を突っ込む。これがめっちゃ大変。リアタイヤをなんかで上げて位置さえ決められればそんなに辛くはないとは思う。
車軸のボルトには例のごとくスレッドコンパウンドを塗っておく。

時間がなくてチェーンを再度つけられなかったので今日は軽く締めておしまい。
あ,ブレーキが固くなるまで握らないと走り出してからブレーキが効かないという事態になるので事前にニギニギ&ふみふみしてください。

2020/5/1

モリブデンを塗ってしまった車軸を清掃するために車軸をもう一度組んだ。
もう一人でやりたくないwwwww

ドライブスプロケット他色々清掃。基本はブレクリーンを使用して汚れを落とした。ドライブスプロケットを抜いて清掃しようかと思ったが今回は見送り。

チェーンを組む。昨日のうちに切ってしまったので自分の手で入れる。
リアからドライブ方向に上から戻した。ドライブがニュートラルになっていればチェーンを送っていけば普通に一周する。
スプロケは純正のままなので110リンクですでに切ってあるものを使用したのでリアスプロケットで合うところでカシメ用のチェーンを付けた。
手順としてはあつ丸くんでプレート圧入。ノギスでプレート間を計測しながら入れる。圧入後かしめる。ピンの広がり径をノギスで測りながらやる。
結論から言うと2回行って2回とも失敗した。
プレート圧入は成功しているようだがカシメをしてもカシメ径が広がっていなかった。別記事で書くが昨日のチェーン切断時に間違えてカシメ治具を使ってしまったがためにカシメ治具が削れて使い物にならなくなった模様。新しい治具を手配しているのでそれを使ってもう一度カシメてみる。
カシメができないのでここで作業ストップ。

カウルを戻して駐車場で若干試走。リアブレーキは普通。フロントはエラい柔らかくなった気がする。ちゃんと走っていないので詳細にはわからないが正直今のところは期待はずれ。
むしろ組みをミスっているのではという気がする。
ともかくチェーンが終わらないことにはどうしようもないのでチェーン先行する。

リザルト

チェーン交換:未完。カシメ治具が届き次第再度行う。
ブレーキ清掃&パッド交換:完了。フロントは今の所期待はずれ。
冷却水交換:未

ブレーキ・クラッチマスタOH,電装関係,エンジンオイル交換は今回見送りとする。

タイトルとURLをコピーしました